[リフォーム]【リノベーションの流れ】建築士が教える知っておきたいこと

【リノベーションの流れ】建築士が教える知っておきたいこと

2016/07/29

412VIEWS

以前こんな質問がありました。「最近よく聞くのですが、リノベーションは安くなるので検討中です。物件を探す事からはじめたいのですが、どこへ行って、どんな流れで進めるのか知りたいです。」

家づくり(リノベーション)の流れをお知りになりたいとのご質問ですが 相談者様の価値観や状況・会社・物件・予算・・・など様々な要因で 流れは変わってしまいます。

例えば、今の段階での希望物件が見つかる・無いでは、流れは当然変わってしまいます。 でも、これでは回答として物足りないので、不動産屋とか建築会社とかリフォーム会社など廻る前に、やっておきたい事をお伝えします。

最初に考えていただきたい事は、 「どうして中古物件をリノベーションしたいのか?」 「どうして家づくりを決断したのか?」 その理由は、住まう方によって違います。

子供が小学校に入学するまえに・・・・ 職場から近いところにすみたい・・・ 子供が大きくなってアパートでは、お隣さんに迷惑をかけてしまうから・・・ この様におっしゃる方が多いですが、もう少し先まで考えるとどうなるでしょう。

ご家族が幸せに暮らせる 笑顔で楽しく暮らしたい 子供は元気よく育って欲しい 家族の思い出を沢山つくりたい これらの「価値観」を探してみてください。

家を建てる・リノベーションするのは、「目的」ではありません。 それは「目標」になります。 ご家族の思いは、家づくりに反映されてしまいます。 それは、無意識的にです。 だから、私たちは一番最初に家づくりの思いを教えていただいています。

次にしていただきたい事は、「予算」についてです。 家づくりでは無視できない、とても重要な事柄です。 無理な予算計画で、毎月のローン支払いが負担になってしまっては意味がありません。 お父さんの残業が増えたり、お母さんが家計簿を見て眉間にシワを寄せていたら最初に考えた家をたてる目的が達成出来ないかもしれません。

家を建てても、外食したいし・・・車も買い替えたいし・・・服も欲しいし・・・子供に習い事をさせたいし・・・ 家が全てではありませんので、暮らしを考えた資金計画を組みましょう。

どうして家が欲しいのか?暮らしを考えた予算は? この2つを考えてから、中古物件リノベーションか新築かを決めてみましょう。 そして、どちらにしてもメリット・デメリットがありますので住宅会社に相談してください。

最後に一つ、ご注意していただきたい事があります。 あなたのご希望の中古物件(新築の土地)が見つかったとします。予算内にも納まりそうです。要望のプランも出来ました。

でも、ちょっと待ってください。あなたが必ずやらなければならない事があります。

それは・・・・

ご近所さんを観てください。 どんなに希望通りのプランや物件で予算内でも、ご近所さんを変える事は出来ません。 永く暮らすには、ご近所さんとの関係はとても重要になります。

冒頭でもお伝えしましたが、あとの手順は住まう方によって違いますので、地元の住宅会社に相談してみてください。 「無料の範囲で家づくりの相談をお願いしたいのですが。」と言って下さいね。