[エクステリア]建てる前に知っておこう!エクステリアコーディネイトのコツ

建てる前に知っておこう!エクステリアコーディネイトのコツ

2013/10/07

1,774VIEWS

建物を彩る最大の効果は植栽です。花の咲くものがよいのか、実のなるものがよいかは手入れをすることが苦ではない方にお勧めです。
緑は欲しいが手入れはできないという方には、常緑樹などを配します。家庭菜園をしたいご希望があれば、菜園用の土を日当たりのよい場所に確保します。
芝生などは見た目には美しいですが、伸びてくるのも早いため夏場はこまめな手入れが必要ですし、冬は枯れ色となるため石や古木などと組み合わせたりするのも風情があります。冬も緑の西洋芝もありますが、温暖で日当たりがよい場所が条件で、水蒔きや雑草取りが必要です。木によって南側がいいもの、北側でも枯れないものなど様々あります。

その他、建物の印象を大きく左右するのが、郵便受けや表札などです。
門を作るのでしたら門柱に組み込むタイプのものも多く出ています。
自立型のポストは、カントリー調やレトロなデザイン、モダンなものからいろいろとあり、それだけでぐっと建物が締まります。
敷地の周りは庭をつくるほどではないが、何かを取り入れたい方には、建物の周りを全てコンクリートで固めるのではなく、一部ライン上に隙間を作り、そこに土を入れてタマリュウを植えたり、蓄光の砂利(昼は光を蓄え暗くなると発光する)を敷いたり色の違うブロックなどを敷き込むだけで、個性的になります。
エクステリアは、絵を描くように楽しんでください。