[エクステリア]車庫を考える際に知っておきたい2つのポイント

車庫を考える際に知っておきたい2つのポイント

2014/07/01

1,389VIEWS

車庫を希望する理由には大きく分けてふたつあると思います。

ひとつは防犯及び防塵のための囲い。またこのような囲いを設ける事で、雨の日も傘をささずに車から家の中まで荷物を運ぶことができます。

入り口のシャッターは敷地全体の防犯扉も兼ねるため、広い間口の邸宅では好まれる傾向にあります。逆に狭小間口の敷地で、駐車スペース上部に居住空間を設ける場合は結果として駐車スペースは車庫の形状となります。

車庫の幅は、車の幅をミラーを入れて1.8mとすると、それに両側50cmずつ加えて、有効寸法で2.8mが最低幅となります。この寸法は人の出入りだけでなく片側に寄せることによって大きな荷物の出し入れができる寸法です。

ふたつ目には、作業スペースとしての車庫です。車やオートバイを整備するのが趣味である方には格好の趣味スペースとなります。他にも釣りや日曜大工など、汚れを気にせずに使えるメリットがあるので車庫は趣味のためのスペースとして非常に適しています。

ではこのような車庫で気をつけなければいけないポイントとはなんでしょう。