[賃貸・購入]引っ越し時、損してません?敷金とリフォームの請求費用のお話

引っ越し時、損してません?敷金とリフォームの請求費用のお話

2013/10/11

2,889VIEWS

今回は、住居が決まってから必要になる知識です。

お引っ越し前のトラブルについてです。

こんな事例があったな~と頭の片隅に留めて頂けたら何十万円も得をしますよ。

このような相談がありました。
アパートの退去に伴うリフォーム代金として、27万の請求があったそうです。見積もり明細を見せて頂きましたが、明らかに不当な請求です。
 
私も同じような経験があります。アパートの管理会社からリフォーム代金として不当な請求をされました。リフォーム代金29.5万円の請求です。
 
敷金10万円と合わせると、40万円近くの請求でした。そこで、小額訴訟裁判をしました。
(裁判前の交渉もしました) 

もちろん、返金されましたよ。最終的に支払った金額は、6万円ぐらいです。
 
お風呂やトイレの清掃・消毒とキッチンのタイルが1枚剥がれていたので、その補修費

他、何かの補修費です。(忘れました)
 
敷金から4万円返って来ました。

凄いと思いませんか?40万支払うはずだったのに、4万円返ってきたのです。
 
 
その時の経験や書類や会話のテクニックや裁判の手続きなどを困った方に無料公開しているのです。そして、今回も電話のテクニックだけで見事返金されました。
 
なんと18万の返金らしいです。もっと返金できた内容ですが・・・・

ま、最初の事を思うと相談者は喜んでいるようです。

敷金返金の実態として、「原状回復とトラブルのガイドライン」「消費者保護法」など借主は守られています。

しかし、一般の方は、それを知らないのです。

で、言いなりで支払ってしまうのでしょう。 

以前、私はマンションの現場監督を多く手がけていました。引渡しの時に、管理会社の営業マンとお話をする機会もありました。

その時の会話です。
 
( 管理会社:管  )
私 「最近、敷金のトラブルが多いらしいね。」
管 「そうですね。ネットとかで色々調べてきますからね。」
 
私 「で、実際どうなの?」
管 「ん~~、実際は、知識の無い人が多いし、裁判までやる人は少ないから・・・」
 
私「じゃ、リフォーム代金として請求するんだ?」
管「そうですね。ほとんどの方は支払いますよ。」
 
私「へ~、でも裁判をする事もあるのでしょ?」
管「いいえ、裁判までやりませんよ。やっても勝てないし、時間がもったいないので・・・」
 
リフォーム代金に含まれないモノは

・クロスの日焼け

・カレンダーを掛けたときの画鋲の穴

・畳の表替え(タバコの火穴はダメです)

・ハウスクリーニング(退去のときの常識的な掃除は必要ですよ)

などなど。これは、本来家賃に含まれます。

よく考えてください。レンタカーを借りたときに、改めてクリーニング代やタイヤの磨耗費を請求されますか?おかしな話ですよね。

こんな非常識な事が業界では常識としてまかり通るのです。
 
ちなみに、返金された相談者は、そのお金で新しいソファーを購入されました。

そして、私にはクッキーが届きました。(笑)