[保険の手続き]保険の払い込み方法と部位不担保などの特別条件付き保険について

保険の払い込み方法と部位不担保などの特別条件付き保険について

2014/08/20

820VIEWS

生命保険会社が付けてくる条件がある生命保険を、特別条件付き保険といいます。その条件をつけても、その生命保険に加入したい場合、それを承諾すれば契約となります。

特別条件は、3種類あります。

1つめは、”保険料割増“といって、平均的に死亡の確立が高いとされる場合、保険料が増えて、他の加入者とのバランスを保ちます。

2つめは、“削減”といって、平均的に死亡の確立が高いとされる場合、死亡保険金を削減して、他の加入者とのバランスを保ちます。

3つめは、“部位不担保”といって、医療保険につけられることが多い条件です。

告知内容から、その原因となる身体の部位に関して、入院や手術に対して、保証しないということになります。不担保となる部位は、何か所になるかはわかりません。
 
こういった特別条件付き保険や、引き受けできない場合でも、他の生命保険会社によっては、決定が異なる場合もありますので、幅広い範囲で決められると、後悔しなくて済みます。

生命保険会社によって、種類や金額、保証対象の範囲など、いろいろ違いますので、加入する際は、その生命保険会社の特徴をよく知ることが大切です。
 
せっかく、生命保険に加入しても、給付金や保険金が受け取れない場合があります。

それは責任開始日(告知日か初回保険料支払い日のどちらか遅い方)の前に、支払い事由の原因が生じている場合です。いわば、責任開始日以降の有効中の契約でないと、給付金や保険金の支払いができないということになります。