[土地選び]ハザードマップの使い方【自分たちのため、街のため】

ハザードマップの使い方【自分たちのため、街のため】

2014/05/16

1,163VIEWS

皆さんは自分のお住まい、働いている街のハザードマップをご覧になったことがあるでしょうか。人の集まって住む場所であれば大抵の市町村が備えており、Web上にも一部は掲載されています。

ハザードマップにはその地域に予想される自然災害の種類やその規模、さらには避難場所として指定されている箇所が地図上にまとめられています。

区域住民はその地図を事前に把握しておくことによって突然の自然災害に対して備えることができるようになっています。

災害の種類は地震、大雨を中心にまとめられています。活断層の位置や地震によって起きる火事や水害、大雨の時の山崩れの危険区域を把握することができます。

またその危険性についてもランク付けがされているので、どの程度普段から意識しておくべきかということもわかるようになっています。

避難場所については大きな公園や学校が主な箇所となっています。

避難場所までの経路は大通りをメインに想定しておくと良いでしょう。

と、そこまで想定したならば、