[床・壁・窓・天井]シックハウス症候群対策から始まる間違った住宅の考え方

シックハウス症候群対策から始まる間違った住宅の考え方

2013/12/16

889VIEWS

建材に含まれる有害揮発物質により引き起こされるシックハウス症候群。原因となる物質は壁紙の接着剤や合板に含まれており、現在はそれらの建材には厳しい製品規制がかけられております。

そのため建築建材にはシックハウス症候群の原因となるような物質の含まれている製品は少なくなり、自然素材を使った住宅の流行もあり、最近ではあまり話題にならなくなりました。

ですがその時に、広まった間違った対処法が今でも残っているように思います。
それは部屋の換気を自然に行えるように、隙間のある家づくりを推奨する考え方です。

施工精度を上げることによって高密度化した住宅がまるで息苦しい棺桶のような扱いを受けています。

昔の日本の住宅はその温熱環境をコントロールすることが技術的に難しく、自然の力に頼る、自然の力を利用する家づくりがされていました。