[床・壁・窓・天井]気持ちの良い天井の高さ

気持ちの良い天井の高さ

2014/07/01

1,796VIEWS

住宅を注文する時に間取り(平面)は皆さん結構気にされていると思いますが、天井高さってあまり気にしていないですよね。「普通で良いかな?」とか「高めでお願いします」といった程度だと思います。

天井の高さについて、法律では、人が常にいる居室という空間は、2.1m以上という規定があります。人が常にいない非居室という空間は、実は、決まりがないんです。つまり、廊下の天井高さ2.0mで、リビング3.0mなんていうトンネルを抜けた先に明るい広い空間があるという楽しい空間もできるのです。

住宅展示場に行くとほとんどの建物が2.4mあるいはそれ以上の2.6mという規格でできています。材料の企画と、大工さんの使う”尺”の寸法に合っていて、それが規格化されていて、とても効率的だと言えます。

注文住宅では、この天井の高さについて、法律や材料規格以外は、決められていないので、自由に変更できるメリットがあります。家を考える時、平面のように、高さ方向も含めて、立体的に考えると、より豊かな空間となると思います。例えば、寝室の天井が吹き抜けのように高いとどうでしょうか?ゆっくり寝られないですよね。

逆に、小さい時に、押入れで寝た経験や二段ベットで寝た経験がある方は、天井が低いせいか心地よく寝れた人もいると思います。