[管理・修繕]【マンション】知っておきたい大規模修繕のこと

【マンション】知っておきたい大規模修繕のこと

2014/03/07

1,402VIEWS

マンションなどの集合住宅の場合、共有部分の備品交換等は毎年、外部塗装を5年ごとに、20年後にはエレベーターや給水ポンプ、30年目には屋上防水や共同配管の補修を検討し始めることとなるでしょう。

戸建て住宅の場合は修繕予算は自身で積み立てる必要がありますが、集合住宅の場合は毎月の管理費にあわせて維持修繕費が徴収されることになります。

そして、それらの維持修繕費をどのように使うかということを住人で構成される理事会が判断をします。更には大規模修繕の場合は工事にかかる金額が大きいので、集会で決議を取り、補修工事が決まります。

多くの意見を取りまとめる必要があるので、理事会は事前に補修部分の対策を計画しておく必要があります。

自分の事だけでもなく、他人の事でもない、皆の事を決めるには事前の対策が重要です。漏水事故等がしてからでは遅いのです。

集合住宅での大規模修繕は皆が意見を出し、話し合える場があるかということが重要であると思います。