[家計全般]消費税増税後こそ重要になる!セールの掟と激安チラシのチェック

消費税増税後こそ重要になる!セールの掟と激安チラシのチェック

2014/04/02

1,684VIEWS

新聞の折り込みチラシは、セール(特売)をする店舗、セールの期間とセール中の価格やセール中に提供するサービスについて、見る人にわかりやすく印象に残るように伝えて、購買行動を促すために作られています。

消費税が3%アップしたあとだからこそ、チラシのチェックはしっかりと行う必要があります。

1.時間の短いセールほど値引き率が高い 

  

「セール実施期間が短いほど、値引き率は高い。」と、覚えておきましょう。

期間おすすめ品とは、「月間お買い得商品」「月間生活応援価格」と商品棚で表示されている価格で、

店舗に行ってみて初めて知ることも多いです。

広告の品はまさにチラシに掲載している期間だけ掲載の価格で販売するもの「土日特売」「火曜水曜2日間限り」というように表示されています。日替わりセールは、チラシに載っているその日1日だけ、掲載価格で販売しますというもの。

タイムサービスは、生鮮食料品販売で多くあります。朝市(午前中の2~3時間)夕市(夕方の1~2時間)など、その店舗で定例化しているものはチラシ掲載もあります。

閉店間際の売り切りタイムセールは、消費期限が迫っている商品をその日のうちに売り切ることが目的なので、値引き率50%、70%もしくはそれ以上です。大幅な値引きは「鮮度が落ちているけれど、消費期限内に必ず食べてくれる」ことを購入者(消費者)が納得してくれている、という信頼の上で成り立っています。