[病気・ケガのリスク]知っておきたい三大成人病の不安に対する医療保険

知っておきたい三大成人病の不安に対する医療保険

2014/08/15

842VIEWS

現代の日本人にとっていまだに怖いイメージのあるのが三大成人病ですが、日本人の死亡原因のうち実にその6割がこの三大成人病だといわれています。

三大成人病とは悪性新生物・心臓疾患・脳卒中のことであり、生活習慣病とも言われ、偏った食事、運動不足、睡眠不足、過剰なストレス、高血圧、その他不摂生等の日々の生活習慣の蓄積により発症します。

三大成人病の中でも特にがんがフォーカスされがちですが、がんは発病してから実際に亡くなるまで比較的猶予があるのに対し、急性心筋梗塞や脳卒中は猶予期間がほとんどなく、急に死に至る場合が多いのです。

さらに言うと特に脳卒中はその症状の部位が脳であるということから幸いにも生存した場合にも麻痺や半身不随など後遺症が残ってしまい、その後にリハビリや介護の必要があるというケースが多いと思われ、がんよりもよっぽど恐ろしい病気であるかもしれません。

そもそも脳卒中とは脳梗塞やくも膜下出血など脳内の血管の疾患の総称のことをいいます。