[注文住宅]家づくりの「見積り・プラン無料」安心していいのか 注意すべきか

家づくりの「見積り・プラン無料」安心していいのか 注意すべきか

2015/06/24

686VIEWS

こんにちは、前田です。

手に職を持ったプロに無償で仕事を依頼する事をどう思われますか?

デザイナーに「ちょっとだけイラスト描いてよ。」

整体師に「ちょっとだけ肩をもんでよ。」

英語の先生に「少しだけ翻訳してくれない?」

美容師に「毛先だけカットしてくれない?」

コンサルタントに「ちょっとだけ仕事のアドバイスくれない?」

友達だからテキトーに・・・・ちゃちゃっと・・・と無償で仕事を依頼する方は多いです。友達だから断れないし、相手に有償にしてほしいと言い出しにくいという理由で、やってしまう場合もあるようです。

結婚式などの特別なケースであれば、喜んでやってくれることもあるでしょうが手に職をもったプロは、技術や知識をお金に換えて生活しています。つまり、モノを売っていないのです。

モノに例えるのなら、

ケーキ屋さんに「上にのっているイチゴだけくれない?」

ラーメン屋さんに「チャーシューだけくれない?」

ホームセンターに「ネジ2つだけだからタダにしてほしい?」

この様にお願いしているのと同じなのです。場合によっては、数日分の知識労働を無料にしてほしいと言っている事もあります。

そして、手に職をもったプロに「無料にしてほしい」とお願いしている方は、あまり悪意が無いのも問題なのです。なぜなら、断ったりすると「あの人はケチだ。」「お金に厳しい。」と悪い噂になる場合があります。怖いですね。

手に職をもったプロはサラリーマンとは異なり、 掛けた時間がそのままの成果にはなりません。あなたが同じ時間を掛けたとしても、絶対に同じ成果は出ません。それが、その道のプロの技術なのです。

その技術を身に付ける為にプロはどれだけの時間とお金を費やしているのかもご理解頂きたいです。

さて、前置きが長くなりましたが住宅業界にも「無料でやってくれ!」と言う依頼はとても多いです。

私は業界の悪習だと思います。「見積もり、プラン無料!」って聞いたことがありませんか?この場合は、規格化された住宅でプラン集から選ぶ場合がほとんどです。見積りについても、あなたのご希望に合うように変更をすると、とても割高になります。どうしてだと思いますか?

それは、図面を描きなおしたり、構造計算をやり直したり、材料の発注が変わったり・・・・その道のプロが実際に動いているからなのです。お客さんを集める為に「無料」と言っているだけで、実際にはどこかでお金が発生しています。あなたのプランを創るために、契約した誰かがお金を支払っているのです。その逆もある訳ですから、お互い様なのかもしれませんけどね。

同じ業界内でも様々な技術をもったプロが沢山います。大工・左官・型枠・鉄筋・屋根・外壁・内装・電気・給排水・・・・・などの職人さんです。その技術は業界内で仕事を得るために大切なモノです。あなたが、品質・オリジナリティ・価格・デザイン・・・などで比較するのは モノも技術も同様です。

とは言え、住宅業界で私だけ有料にするとお仕事無くなってしまいますので ラフプランと概算見積もりは無料でやっています。

私は、相談者の目の前でプランを描く事が多いです。お話を聴きながら、イメージして、プランシートに20分ぐらいで描きます。すると「え、もう終わったのですか?」と驚かれます。 1週間考えてもカタチにならなかったプランが20分で、自分の思った通りのプランだったからです。でも、実際の本設計はもっと時間を掛けています。(有料です) なぜなら、思った以上の期待を超えるプランをすることがプロの仕事だと考えているからです。

でも、これらはチラシやホームページでは、なかなか伝わらないのです。実際に、お話を聴いて感じる事でしかよいプランが出来ないのです。そして、お施主さんも体感する事でしか、その良さが分からないのです。

これだけは覚えておいてください。本当のプロは、テキトーに仕事は出来ません。プロとしてのプライドがあり、テキトーな仕事が世の中に広まるのは、誰にとってもメリットはありません。

無料の見積り、プランにはご注意ください。

では、また。