[二世帯住宅]100年住める家?二世帯住宅のその後を考えてみませんか?

100年住める家?二世帯住宅のその後を考えてみませんか?

2013/10/30

1,732VIEWS

 

長期優良住宅とは住宅性能表示制度の基準を準用した住宅で、長期にわたり良好な建物として保持し続ける住宅です。

メリットは、耐震性、省エネルギー性に優れ、維持管理や、リフォームのし易さなどに優れた住宅となります。申請をして認定されると、税制で優遇措置があり、補助金がもらえます。またローンの金利にも優遇があります。光熱費のランニングコストも下げることができます。

デメリットは、工事金額が高くなります。また、維持管理を計画通りに行う必要があります。これを怠ると認定が取り消されるだけでなく、補助金等の返還を求められます。
 
1世代で長期優良住宅を考える時は、売買の時に有利になります。
2世代3世代と住み続けることを考えるのであれば、初期費用が掛かっても長期優良住宅を建てることは、メリットの方が大きいと思います。
 
修繕計画に基づき、23510年・・・と手を入れるには費用が発生しますが、3035年で建て替えるより余程安く付きます。
二世帯住宅を建てるなら、100年もつ家を建てませんか。