[しつけ全般]曖昧な言葉を具体的に伝える!子どもとのコミュニケーションのコツ

曖昧な言葉を具体的に伝える!子どもとのコミュニケーションのコツ

2014/03/24

1,867VIEWS

リボン結びにも「ほ」のような小さなリボン結びもあります。「よ」や「は」の場合は少し大きめに書かせたいからです。

この説明をして“よ”に実際にお玉を添えると、さっきまで丸く書いていた子ども達がリボン結びの「よ」を書きます。

 

 

子どもがぐちゃぐちゃの字を書いた時「もっと綺麗に書きなさい!」「もっと丁寧に書きなさい!」とつい注意したくなります。でもお手本を見てもよくわかない、練習すればするほど悪筆が身についていきます。どこをどう書くかを分かった上で練習することが大切です。

さて、子どもの躾もこれと同じ

「しっかり前を見なさい!」

「ちゃんとしなさい!」

「落ち着きなさい!」

「集中しなさい!」

「お行儀悪く食べないの!」
 
無意識に口をついてくるこれらの言葉、毎日言っているのになかなかできない、注意は左耳から右耳へ抜けてしまっています。