[小学生]二分の一成人式の内容とは?

二分の一成人式の内容とは?

2015/08/13

2,283VIEWS

二分の一成人式というイベント。 10歳になった節目を記念して、近頃では、学校で二分の一成人式のイベントを行うところが多くなっています。

●二分の一成人式って?

成人式が20歳ですから、その1/2ということで単純に10歳の時に行われるイベントです。学校や地域によって呼び名は変わり、「ハーフ成人式」や「半成人式」と呼ばれることもあるようです。

このようなイベントは学校行事として、親子で参加する形式で行われることが多いのです。 2000年中ごろを過ぎたあたりの時代には半分程度の学校で行われていましたが、それ以前のころにはあまり知名度のなかった行事とも言えます。 ごく最近見られるようになった行事かもしれませんね。

●二分の一成人式の内容とは?

生まれて20年目で「成人式」を迎えて大人として世間的には認められます。 10歳になったということは、大人までの20年の半分を過ごしたということ。

一口に10年とは言っても、色々なことがありましたよね。 親の立場で考えると、色んなことが思い起こされるのではないでしょうか。

生まれた時のこと、初めて立ち上がることができた日のこと、言葉を発することができたこと、夜中に熱を出して苦しんだこと、入学式の日のこと・・・などなど。 思い起こすと、たくさんのことがあって10歳となったのです。

また、子供にとっては一人で生きてきた訳ではなく、周囲の人の支えがあってこそということを子供達に改めて実感してもらうためと言えます。

この二分の一成人式の内容は、親への感謝の気持ちを込めて、子供達が親への作文を読んだり、歌のプレゼントなどを贈ったりします。

また、子供への手紙を親が書いて渡したり、一緒に記念写真を撮ったりなど、学校ごとに記念になる内容を盛り込んでいます。

近頃では学校での行事の他、写真館などでもこうした10歳の節目の記念として、二分の一成人式の写真を残すことができます。

子供の成長とともに、写真を撮ることが少なくなってきているかと思いますので、こうした節目節目の写真をキレイに残しておくことも記念になっていいのではないでしょうか。

●親子の絆を再確認できるイベント

毎日のように一緒に暮らしている家族ですが、それが当たり前になってしまって、お互いに気持ちが雑になっている部分も多いかもしれません。

「家族だから言わなくても分かるだろう」という気持ちが強すぎて、相手に感謝の言葉を言ったり、いたわることも少ないのかもしれません。

しかし、改めて考えると、喧嘩をしてもお互いの本音をぶつけても、家族だからこそ分かり合えることもあります。

時には、自分の思いを「手紙」という形で相手に伝えることはとても大事なことなのです。二分の一成人式では、親子でお互いに気持ちを書きつづることが多いようです。 改めて文章に記されることで、何だか嬉しい気持ちが湧きあがりますよね。

それに、親にとっては子供からの感謝の気持ちを手紙で貰うと、改めて「頑張ろう」という元気の源にもなるでしょう。

二分の一成人式は、子供にとっても親にとっても改めて親子の絆を考えさせられるイベントとも言えます。

イベントが 平日の場合、仕事で参加が難しい場合もあるでしょうが、子供との絆を再確認するものとして、出来るだけ参加するようにしてみるといいかもしれませんね。

 【あわせて読みたい】
>>「9歳の壁」の意味とは?メカニズムと回避のヒント<10000view over!>

>>【3歳 7歳 10歳】子どもの脳の発達と年齢ごとの叱り方