[乳児・幼児]【小学校入学】失敗しないランドセル選び【選び方と購入時期】

【小学校入学】失敗しないランドセル選び【選び方と購入時期】

2015/07/13

920VIEWS

新しい学校に入園入学するときはとにかく準備物がたくさんあります。ズック入れや体操着入れ、コップ袋に全てのものにこまかく名前書き。そして入学まえからとっても気になるのが小学校入学に向けたランドセル選びですよね。

最近は金額だけでなく、色も多種多様なランドセル。どれを選べばいいのかしら、どこで買うのかしらと悩んでいるママも多いかと思います。また、入学のお祝いプレゼントでランドセルを頂く方もいますが、送る側もどんなランドセルがあるのか知っておきたいところですよね。

【だいたいどれくらいの値段がするの?】

メーカーによりさまざまではあります。1万円台のものから5万円以上するものまで幅広いです。 平均すると4~5万円くらいが相場です。

【どこで買えるの?】

昔は百貨店でランドセルを買うと思っている人が多いと思いますが、いろいろなところで販売しています。 勿論、百貨店でも売っていますし、ランドセル専門店、大型スーパー、ネット通販、などで購入できます。

【いつごろ買いにいくの?】

勿論、入学式までにそろえばいつ購入してもよいのですが、小学校入学直前に買おうとすると人気のデザインや色はは売り切れていることが多く、子供が悲しむ結果になってしまいますので早め早めに購入されたほうがよいでしょう。

大体、幼稚園年長の夏休みに購入する家庭が多いようですが、10月くらいまでには購入しておきたいものです。 届くのはぎりぎりでも良いので注文は早めにしておきましょう。 早めに注文すると商品券や割り引きチケットをもらえたり特典があるメーカーやお店もありますのでうまく利用して下さい。

【最近のランドセルはとっても色が豊富】

黒や赤、茶色や紺とこの4種類の色がランドセルではありません。 ピンク、水色、ラベンダー、紫、青、ワイン、オレンジなど色のバリエーションは豊富です。ゴールドやシルバーもあるようです。 特に女の子は赤を選ぶ傾向は減ってきているようです。時代の変化ですかね。

【ランドセルの選び方】

・丈夫で長持ちする質のものを選ぶ
ランドセルは6年間使うものなので、多少乱暴に子供が扱ってしまっても壊れないもの、ぎゅうぎゅうにつめて重くなってもその重量に長く耐えられるものを選びましょう。

・軽いもの
軽くても質が悪いのはいけませんが、ランドセルには教科書やら給食袋、上履き袋などいろいろなものを収納しますので、中身もおもくなります。教科書もかなり重いですよね。教科書の総重量は約2キログラムと言われていますから、お店で可能であれば2キロのものを入れて子供に持たせてみると良いかもしれません。手で持った感覚と背負った感覚とでは重さの感じ方に違いが出ますから実際に背負って判断します。

・A4サイズのファイルが入るかどうか
学校のプリントやお知らせなどをはA4サイズが主流。A4サイズファイルに収納して持ち運びすることがほとんどです。

・沢山収納できるかどうか
教科書以外にも袋物や提出物などさまざまなものを入れなくてはいけませんし、高学年になると教科書も増えますので収納力があるランドセルを選びましょう。マチが広くA4サイズのファイルが入るものが良いですよ。雨の日も全部ランドセルに詰めこんでしまえば手に荷物を持たないですむので安全です。 少ない荷物の日もあるので、ランドセルの中身ががらがらだと中で動いてしまうので、仕切りがあるタイプは機能的ですのでおすすめです。

・体にあっているか
子供がランドセルを背負ってフィット感があるものが良いです。歩いてみても体にフィットしているものがよいでしょう。

・反射材がついているもの
車や自転車のライトが当たると光る反射材がランドセルについていれば暗くなる秋から冬場でも安全ですね。

・開閉が楽なもの
ランドセルは荷物の出し入れに何度も開け閉めを繰り返します。 ですので、すぐに開けられて、閉めやすいもの。しっかりと簡単にガチャっと閉まるものが良いです。 子供でも手軽にロックできる機能がついたものがありますのでおすすめですよ。

・高学年になっても似合うデザイン
子供の好きなデザインのランドセルを選ぶのが基本ではありますが、あんまりかわいらしすぎるデザインのランドセルを買ってしまうと高学年になって大人っぽくなった時に似合わなくなったり、子供がそのデザインを気に入らなくなる可能性がありますから、子供任せにしすぎないことです。高学年で気に入らなくなったら鞄通園が可能ならそうしようと思っている方もいるかとおもいますが、ランドセルの方が体のバランスも取れますし、万が一転倒したときのクッションの役割をしますから頭を打たずにすみ安全です。

・顔映りの良い色を選ぶ
お顔映りが綺麗に見える色はそれぞれ違いますので、実際に背負って確かめましょう。

6年間使う大事なランドセル。子供の成長を支える機能があるものを一緒に選んであげませんか。