[乳児・幼児]子どもが幼稚園・保育園で汚い言葉を覚えてきたら

子どもが幼稚園・保育園で汚い言葉を覚えてきたら

2015/03/19

1,331VIEWS

子どもが幼稚園に通うようになると、いままでよりグンと行動範囲が広がります。 幼稚園では、いろいろなことを学ぶことができますよね。

読み書きやお絵描きなどから、お友達と遊ぶこと、ときにはケンカをしたりもします。 時間を守ることや、みんなでお約束を守ることも覚えていきますね。

親の目が離れている時間なので、どのように過ごしているのか心配になってしまいますが、親が思っている以上に子どもは成長しています。 子どもの急成長にお母さんがついていかなくてはいけないくらいのスピードかもしれませんね。

幼稚園に通うようになるといろいろなことを覚えてきて、それは良いことばかりではないかもしれません。 お友達の影響で言葉使いが悪くなっていることが気になるお母さんも多いようです。

使ってほしくない言葉も、子どもはなぜか面白がって使うようになり、家庭でビックリすることもありますね。 多くの子どもがいる幼稚園では、いろいろな子どもがいます。 汚い言葉や使ってほしくないと思う言葉も、お友達の影響で覚えてきてしまうのです。

しかし、子どもはそもそも知っている言葉のボキャブラリーが少ないですよね。 幼稚園児はまだまだ言葉を覚えている段階と言えます。

子どもはもしかしたら、良い言葉なのか悪い言葉なのか判断がついていないのではないでしょうか。 単純に新しい言葉を覚えただけなのです。

ただその言葉を使うことで大人の反応を見て、楽しんでいる可能性はあります。 その言葉を言う度にお母さんが反応していたら、面白がって使い続けてしまうかもしれませんよ。

ここで子どもに面白がられないように、しっかりと良い言葉なのか悪い言葉なのか教えてあげましょう。 そして悪い言葉を叱るばかりではなく、同時に良い言葉も覚えさせてみてはいかがでしょう。 新しい言葉を覚えるのはとてもいいことです。

子どもに言葉を選ばせたいのであれば、まずは言葉のボキャブラリーをもたせてあげることです。 たくさんの言葉を覚えたら、子どもも自分でどの言葉を使えばよいのか選ぶようになるのではないでしょうか。

自分が言葉を使うことでも学びますが、お友達から実際に言われたらどんな気持ちかもわかるでしょう。 気持ちのいい言葉を選べる子どもに育ってほしいですよね。

これは小学生・中学生でできないと困ることです。 いじめに発展してもいけないので、小さいうちに経験しておいた方がいいことかもしれませんね。

また子どもが今後成長していくなかで、マンガやアニメの影響を受けることもあります。 中には悪い影響もあるかもしれませんが、漢字やことわざも覚えるかもしれません。

教科書を読んで漢字を覚えることは苦痛を感じるけど、マンガで知らない漢字が出てきたら調べてでも読みたいと思うものですよね。 もしかしたら歴史のマンガから歴史を勉強することになるかもしれませんし、何が勉強のキッカケになるかはわかりません。

なんでも子どもが興味を持つのは、視野が広がるキッカケになりそうですね。

悪い影響ばかりを懸念せずにたくさんのことに触れさせてあげてくださいね。 お稽古を始めるのも、年上のお兄さんお姉さんと遊ぶ時間もいろいろなことを覚える場になるでしょう。

特に年齢の違う子どもと触れ合う機会があると、一気に成長します。 兄弟構成からみても、第二子の方が要領よくて成長が早い気がしますよね。 生活環境がいかに大切なのか、よくわかります。

子どもがたくさんのことを経験していく中で、新しい言葉を覚えていくのは当然です。 極端ですが、赤ちゃんの頃は何も知らなかった子どもが言葉を覚えたのは、周りのお母さんやお父さんの話を日常的に聞いていたからです。

アメリカに住んでいる子どもは英語を覚え、日本に住んでいる子どもは日本語を覚えます。

当たり前のことですが、日常的に耳にすることでその言葉を覚えてきたのです。 環境が変われば、新しい言葉も覚えていくものですが、その分貴重な体験もしていると思って見守ってあげてください。

子どもを社会に出さずに生きていくのは不可能です。 いつかは一人前の大人として社会に出すのが、親の役目なはずです。 言葉を知らなくては生きていけません。 良い言葉ばかり知っていても生きていけません。 悪い言葉も知っているから、良い言葉を選ぶことができます。

大切なのは、その言葉の意味、使い方に対して正しい知識を持っていることですね。 日頃からお母さんが正しい言葉使いで子どもに接することが1番大切かもしれませんね。

【あわせて読みたい専門家記事】
>>子どもは親の思うとおりになんか育たない 親がしているように育つ