[乳児・幼児]【絵本のチカラ】子どもの言葉遣いと親の家での会話

【絵本のチカラ】子どもの言葉遣いと親の家での会話

2014/01/08

4,186VIEWS

ある4歳児の言葉です。
A君「先生、おしっこ」
B君「先生、トイレに行ってもいいですか」
 
A君「お腹空いた」
B君「朝、パンしか食べて来なかったのでお腹がペコペコだよ」
 
A君「園長先生 来た!」
B君「園長先生がいらっしゃった!」
 
B君のことを「子どもらしくない。大人びていて可愛げがない」と皮肉って批判する人もいるでしょう。でも可愛げがあると言われるのはせいぜい7歳まで、いつまでもこうだと「言語能力が貧弱」と言われます。

この子どもは成人して就活しても面接官の思いもよらぬ質問に「うそ!まじっすか」と口をついてしまい不合格になるでしょう。「ろくに日本語も話せない」と烙印を押されます。