[家庭のこと]【甘える勇気とコツ】子育てでイライラしてしまったら

【甘える勇気とコツ】子育てでイライラしてしまったら

2015/02/23

557VIEWS

子育てをしていると、ついつい子どもにイライラしてしまう事があります。 子どもができた時は、あんなに喜んで、絶対にかわいがる!と決めていたはずなのに。 なぜ、愛しているはずの我が子にイラついてしまうのでしょうか?

子どもは、こちらの気持ちを察してくれません。 こちらの状況もわかりません。 当然ですが空気を読むということができません。

普段、友人でも旦那様でもいいですが人付き合いをしていく上で、相手の気持ちを思いやるということは基本中の基本。 どちらが!という事ではなく、お互いに歩み寄ることが大切です。 しかし、子どもはこちらの状況は一切お構いなしに全力でぶつかってきます。

あなたがイライラしてしまう理由とは、そんな子どもに自分のペースを乱されてしまうからではないでしょうか? 子どもが一緒にいると、なにひとつ予定通りに事が運びません。 自分の仕事だけなら、3時間睡眠しか確保できなくてやってこれた方も、それは自分のペースで時間配分ができたからですよね。 お子さんのペースに合わせて3時間しか寝られなかったのとはわけが違います。 同じ3時間睡眠でも、自分のペースでないだけでイライラが募ってしまいます。

では自分のペースを乱されてもイライラしないためにはどうしたらいいのでしょう? できるだけ、ペースをなくしてみましょう。 何時までに何かをしよう!というのをやめてみてください。

旦那様のための夕食の準備も、時間にとらわれなくてもいいのです。 子育ても、奥様も、完璧にこなす必要は全くありません。 時間がない日は、旦那様に甘えてみてもいいのではないでしょうか? 旦那様にも素直に状況を伝えましょう。 きっとわかってくれるはずです。

ここで気を付けたいのが、自分ばかりが大変だという気持ちを押し付けすぎないこと! 自分のことばかり理解してもらおうとしてはいけません。 旦那様も外でお仕事をしてきて、きっと疲れていますよね? まずは、旦那様の1日の苦労を労ってあげてください。 自分の苦労が認められると、心に余裕が生まれるものです。 奥様が仕事の苦労を理解してあげれば、旦那様も子育ての苦労を理解してくれるようになるのではないでしょうか?

子育ては夫婦2人でするものです。 実際にはお母さんの方が子どもと触れ合う時間が長いので、お母さんの方が子育ての負担が大きくなってしまいがちです。 しかし、直接子どもと触れ合う事だけが子育てではありません。 子育てで疲れた奥様も、旦那様に甘えられる時間があればイライラも解消されるかもしれませんね。

その少し甘えさせてくれる時間があれば、旦那様も間接的に子育てに関わっていると言えます。 甘え方は、それぞれの夫婦でいろいろな形があっていいと思います。 ポイントは、迷惑をかけないように!と思わずに、素直に甘えることです。 そして、自分へのハードルを下げることも大切です。 全てを完璧にやろうとするから、上手くいかないとイライラしてしまうのです。 いい意味で「適当」にして、今しかない子育ての時間を楽しんでくださいね!