[家庭のこと]子どもが悩んでいるとき「アドバイスしない手助け」

子どもが悩んでいるとき「アドバイスしない手助け」

2014/12/22

1,383VIEWS

そのために、子どもが困難にぶつかったとき有効なのは、アドバイスではなく、丁寧に共感しながら子どもの話を「聞く」こと。さらに子どもが聞いてもらった!と実感するためには、前述の会話のように、理解した内容や子どもの気持ちを確認していく聞き方が効果的です。
 
かといって、どんなときもアドバイスがよくないというわけではありません。親も子も困っていない穏やかな時間には、自分の経験や役に立ちそうな知識を話しておくことができます。

それを採用するかどうかは、子どもが決めることですが、押し付けでない親の言葉は子どもがどうしようかと考えるとき、案外いい影響を与えるものです。