[就学前]統合保育とは?メリットと注意点から必要性を考える

統合保育とは?メリットと注意点から必要性を考える

2014/01/15

32,686VIEWS

一方で注意して考えなくてはいけないのは、受け入れてくれたらそれで良しではなく、園の先生、保護者、子ども達に対しての適切な説明、理解が必要です。

主に考えられる注意点

・受ける保育士に障がいや病気に対する知識がない可能性がある。障がい児保育の経験がない、または少ない可能性がある。(健常児、障がい児への適切な働きかけが不可欠)

・園の受け入れ体制と、関係機関の連携(園として受け入れたケースも少ないため、事前の話し合いで理解を深めてもらう)

など。 

通常の園生活を送る中で、保護者も、障がいのあるお子さんも、健常児のお子さんも、皆が気持ちよく過ごせるには、園の方針や先生方の先導が重要な要素になります。
 
実際に入園に関しては障がい児枠を設けて通常の保育の実施基準の点数順で判断しているところもあります。

様々な意見や立場もあるかと思いますが、障がい児の母親が、妊娠前から外勤されている母親と同じ土俵に上がって点数審査をパスするのは現実的に難しいと思っています。