[学習全般]子どもを英語好きにさせる方法

子どもを英語好きにさせる方法

2015/03/10

991VIEWS

現在の世の中は国際化が進んでいます。 街中で外国の方と出会うことも珍しくありません。学校で英語の勉強をしていても、 「英語が苦手・・・」というお子さんを持つお母さんも少なくありません。

また、残念ながら親の世代の人でも「英語が苦手」という方の方が多いでしょう。 学生時代に勉強をしているはずなのに、英語がなかなか話せなくてもどかしい思いをしているお母さん達もいるのではないでしょうか?

我が子には是非英語を話せるようになってもらいたい! 英語を好きにさせたい! そう感じますよね。では、子供が英語を好きになるには、いったいどのような方法があるのでしょうか?
 
●日常的に英語に触れあう習慣を!

日本人だから、日本語で会話するのは当たり前ですよね。 でも、家庭の中で、少し英語を取り入れてみませんか?

例えば、夕食を食べている時に、 「ご飯の事は英語で何ていう?」「ライス!」とか 「この野菜はなんていう?」「キャロット(ニンジン)」など、 英語にたくさん触れ合うような質問をしてみましょう。

難しい単語を覚えなくても、身近にあるものを英語で話せるようになることで、 英語をより身近に感じることができるでしょう。

●英語の音楽を聞いてみよう!

日常的に英語を目にする事は多いのですが、英語を聞く機会はあまりありませんよね。 学校で習うように英語の読み書きを覚えても、外国の人と英語で話す時にリスニングが 不得意になってしまいます。

子供は小さい時に日本語覚える時は、まず耳から覚えて話せるようになったのです。つまり、耳で英語を聞く習慣を増やしていくことで、より英語力が高まることへ繋がるのです。

例えば音楽。 お母さんやお父さんで洋楽が好きな人がいたら、音楽を聞かせてみましょう。 音楽はメロディーにのって英語が自然に頭の中に入ってくる方法です。初めは歌詞を覚えていきます。 そのうち単語の意味などにも興味を持つでしょうから次第に英語の意味まで理解できるようになってくるでしょう。

●英語のアニメを見せてみよう!

また、簡単な英語のテレビを見せることも効果的です。 たまにテレビの教育番組などで10分程度の英語のアニメなどが放送されています。アニメ形式ですと、英語があまりよく分からなくても、すんなりと英語に親しめます。

初めは英語の聞き取りができず、何を話しているか分からないでしょうが、 アニメですから、イメージでどんな事を言っているか、そして徐々に英語の聞き取りが できるようになってきます。継続して見続けることで、英語に親しみを覚えるようになってきます。
 
●英語の絵本を見せよう!

書店に行くと英語の絵本が多数売られています。 小さいうちは、英単語が読めませんから、絵本を開いても訳が分からないかもしれません。しかし、まずは英語に親しむという事が大前提です。

本を開いて、お母さんが一緒に音読してあげましょう。 英語に慣れ親しむ点では、絵本も有効的と言えます。

●英語教室もお勧め

最近は、幼児向けの英語教室もたくさん開校されていますね。 英語教室では、専門の先生が子供向けに英語を教えてくれます。また、同年代の子供さん達も通っていますから、 お互いに刺激を受けながら、仲良く英語を学べるというメリットがあります。

金銭的に余裕があり、なおかつ子供自らが興味を持った場合は、 英語教室に通うという方法も英語好きにさせるにはお勧めだと思います。

【あわせて読みたい】
>>ステージごと英語の勉強法【小学生・中学・高校・大学・TOEIC】