[カラダのこと]「何kg増やしていいの?」妊娠中の具体的な体重管理について

「何kg増やしていいの?」妊娠中の具体的な体重管理について

2015/07/10

842VIEWS

妊娠すると毎回の妊婦健診で注意するように言われるのが体重管理です。

「妊婦さんは赤ちゃんの分も2人分しっかり食べなきゃ」と言われていたのは、もう昔の話です。今の妊婦さんは出産までにプラス○キロまで、という制限があり、健康管理をしながら、体重も管理していかなくてはいけないのです。

体重が増えすぎてしまうと、出産のときに難産になりやすいという理由から体重制限が必要なのですが、その目標の体重の幅は少ない人で5キロ、多い人で12キロまで増やしてよいことになっています。

なんとなく「出産までに10キロ」という感覚でとらえている方が多いと思いますが、こんなに幅があることを知っていましたか? この体重制限の数字はどのように決まっているのでしょうか。

いったいどれくらい増やせばいいの?

妊娠中にどれだけ体重を増やしてよいのか、というのは実は妊娠前の体重が関係あります。

BMIという、身長と体重から計算した肥満度を表す数字が関係あるのです。 妊娠期間中ではなくても、ダイエットや肥満、健康に興味のある方ならBMIという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。妊婦さんでなくても、その数字を基準に体重管理をしている人が多いことがわかりますね。

計算式は、「妊娠前の体重÷(身長m×身長m)=BMI、となります。身長をメートルで計算するので、160cmの人は1.6で計算するのがポイントです。 すると20前後の数字が出てくるのですが、その数字があなたのBMIです。

BMIが18~24だと、「標準」と言われる体型にあたることになります。妊娠前のBMIが18~24の標準体型の人なら、お産までに7~10キロの体重増加までOKです。

妊娠前のBMIが18以下の痩せ型体型の人なら、お産までに10~12キロ程度まで増やしてもOK。妊娠前のBMIが24以上の人は、お産までに5~7キロに抑えなくてはいけません。元々痩せ型の人の方が少し余裕があることがわかりますね。

赤ちゃんの体重が約3キロ、胎盤や羊水を合わせて5~7キロになると言われていますので、BMI24以上の場合は、厳しい体重制限との戦いの妊婦生活になるかもしれません。

ツワリ中も体重管理は必要?

しかし、妊娠すれば必ずしも体重が増え続ける、というわけでもありません。安定期に入る4ヶ月頃までは、ツワリがある妊婦さんもいます。

もちろんツワリがない妊婦さんもいますが、ツワリがひどい人の場合、食事を摂ることができずに痩せてしまうこともあるのです。そのため、妊娠前よりも体重が減ってしまった、なんて状況も珍しくないのです。

この場合、ツワリが終わった安定期で油断をして急激に体重が増えすぎないように注意が必要ですが、体重増加の数字は妊娠前から考えますから、さらに数字的には余裕が出てきますね。

とはいっても、ツワリは楽なものではありません。特に妊娠前期は赤ちゃんの臓器や脳を形成する、大切な時期ですから栄養は必要です。葉酸をサプリで摂ったり、口にできるものだけでもよいので栄養を摂るようにこころがけましょう。

ツワリの時期は、体重管理とは無縁の生活になると思いますが、安定期に入ってツワリが終わると、要注意です。食べ過ぎはいけませんが、食べないのもいけません。

安定期に入ったとはいえ、赤ちゃんはお腹の中でエネルギーを必要としています。しかもストレスを感じてしまうのもよい状況ではありませんね。ストイックになりすぎない程度に、食べたい物は午前中に食べるなど、工夫しながら食事をしましょう。

便秘について

また妊娠中のダイエットと切ってもきれないのが、便秘についてです。女性はもともと便秘の人が多いのですが、妊娠するとホルモンの関係で腸の動きが鈍くなり、さらに便秘になる人が多いのです。

たくさん食べるためには、たくさん出すことが大切です。特に妊婦さんだとちょっとした便秘が深刻な問題になってしまうこともあり、妊婦健診で薬を処方されることもあります。2日に1回は定期的に排出を心掛けたいですね。

妊婦さんが便秘になってしまうと、痔になってしまうことが多いのです。 たかが痔、と思うかもしれませんが、妊娠中にできた痔を、その後ひきづってしまう人も多いのです。 友人同士でもあまり話をしない内容でしょうから、聞いたことのない方もいるかもしれませんが、デリケートな部分なだけに注意が必要です。

ただでさえ体重が増えやすい、便秘になりやすい、という環境の妊娠期間です。 自分の身体のはずなのに、思い通りにコントロールできずに歯がゆい気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

しかしこの時期の自分の体調を管理するのは、赤ちゃんのためです。 終わりのある妊娠期間ですから、上手に気分転換しながら、体調を整えていってくださいね。