[投資全般]Vol.5 マーケットの大暴落時におけるポジティブ投資法

Vol.5 マーケットの大暴落時におけるポジティブ投資法

2014/03/19

1,196VIEWS

最終回は、マーケットの「セリング・クライマックス」の終了を見極めながら、投資を行い、資産の回復および資産の増加を図るための「有事のメンタルマネジメント」について述べます。
 
マーケットの底打ちに向けた投資家の反応が、事前にどういうものかをしっかり理解しておくことや、「平時」にとったような適切なセルフケアを行うとともに、「有事」のポジション管理の導入を行う必要があります。

マーケットの底打ちに向けた投資家の反応がどういうものかをしっかり理解することの効用は、事前に少しでも知っておくのと、知らないのでは、実際、マーケットの「セリング・クライマックス」が起こった時に、自分が受けるストレスや買いを行うための心の準備・気構えが違うことに起因します。

また、「マーケットクラッシュのネガティブ・インパクト」のところでも述べましたが、ストレスを予防・回避するための「適切なセルフケア」を行うことも重要です。

マーケットの最後の急落である「セリング・クライマックス」の時は、特に、いままでセリング・クライマックスを何度も経験してきた友達や投資仲間、上司、同僚、メンターなどと常時、コンタクトをとりあい、マーケットの動きとメンタルの動きを共有していくことがとても大事になってきます。

「セリング・クライマックス」時は、保有資産の激減や下値が見えない恐怖と不安などから、一人ではなかなか買いを入れることができませんが、複数で共有していると株価急落場面でも、心理的負荷がより少ない形で買いを実行できるというメリットがあります。

「有事」のポジション管理の導入としては、例えば、マーケットの「底打ち予兆サイン」があらわれたら、PERが低すぎる銘柄やテクニカル指標で割安感が強すぎる銘柄、投資家の人気が離散した大型の優良銘柄などを組み入れる、もしくはウェイトを増やしていくことなどが大事となってきます。