[投資全般]Vol.3 マーケットの大暴落時におけるポジティブ投資法

Vol.3 マーケットの大暴落時におけるポジティブ投資法

2014/03/17

825VIEWS

「理論・論理的な背景」と「心理的な要因」を理解するためのスキルとして、ファンダメンタルズやテクニカルなどの分析スキルを磨くことが大切です。

また、「メンタルマネジメント」のためのスキルとして、ストレスケアやポジション管理の方法を学ぶことが大事です。

スキルを磨くときに、「トレード関連スキルのダイバーシティー(多様性)」を獲得しておくことも重要です。

「トレード関連スキルのダイバーシティー(多様性)」とは、株式、為替、商品先物など価格変動商品の売買を行うために必要なスキルの「幅」や「奥行き」を持たせることを示します。

トレード関連スキルの「幅」を持たせるためには、

例えば、証券アナリスト資格、テクニカルアナリスト資格など複数の資格を取得し、トレード関連業務知識を組み合わせる形で広げたり、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析に加え、クオンツ分析、アノマリー分析、需給分析、イベント分析、歴史分析など複数の分析スキルを身につけていくことなどが挙げられます。複数のスキルを保有する、“スキルポートフォリオ”を組んでいくイメージです。

トレード関連スキルの「奥行き」を持たせるためには、

ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析など株式の運用分析スキルに加え、ポートフォリオの分析業務や株式のトレーディング業務、資産管理業務など業務の幅を広げることが挙げられると思います。また、「株式」のトレード関連スキルとともに、「金」などのトレード関連スキルを身につけることも、奥行きが広がる例だと思います。