[投資全般]Vol.2 マーケットの大暴落時におけるポジティブ投資法

Vol.2 マーケットの大暴落時におけるポジティブ投資法

2014/03/14

1,226VIEWS

また、マーケットの「天井の予兆サイン」を敏感に察知し、レバレッジを効かせ、デリバティブを駆使し、売りを仕掛けたヘッジファンドや信用売りを行った個人投資家の追証(追加証拠金)の発生や、悲鳴にも似たポジションの巻き戻し(信用売りや空売りを行ったところからさらに価格が上昇し、ポジションに大きく損を抱えたため、買戻しを行わざるを得なくなること)により、買い需要が大きく高まる動きなどがミックスして生じる状態であると考えています。

こうして、マーケットの「ラスト・ジャンプ」である最後の急騰があらわれます。

この場合には、ファンダメンタルズ分析では、PER(株価収益率)が100倍や1000倍を超える銘柄がさらに上昇したり、テクニカル分析では、RSI(相対力指数)などオシレーターの指標などが、90%~100%にずっと張りついたり、移動平均乖離率が極端に高くなったりします。

レバレッジがさらに拡大するため、信用買残が異常に増え、貸借倍率(信用取引における買い残高に対する売り残高の比率)が極端に高くなったりします。また、「信用売り、空売りを得意とするヘッジファンドが破綻、運用を断念」といったニュースや「日経平均10万円へ」などの極端な見方がマーケットに流れたりもします。

次に、「マーケットクラッシュのネガティブ・インパクト」を予防、軽減、回避し、そのダメージを極小化するための「有事のメンタルマネジメント」について述べます。

マーケットの大暴落によるマイナスの影響が、事前にどういうものかをしっかり理解しておくことや、「適切なセルフケア」を行うとともに、「有事のポジション管理」の導入を行う必要があります。

「マーケットクラッシュのネガティブ・インパクト」がどういうものかをしっかり理解することの効用は、事前に少しでも知っておくのと、知らないのでは、実際、大暴落が起こった時に、投資家に与えるストレスや引き起こすパニック度合いが違うことに起因します。(「ファンドマネージャーが語る、マーケットの大暴落による影響とは?」