[投資全般]【後編】『嫉妬とねたみ』を乗り越える「ポジティブ投資学」とは?

【後編】『嫉妬とねたみ』を乗り越える「ポジティブ投資学」とは?

2014/03/03

1,539VIEWS

一方、あなたの考え方や人柄、人間性、スキル、会社の業績などの情報を表に出し、オープンにすることで、あなたの「強み」と「弱み」が他の人達に分かり、それぞれの強みを活かし、弱みをカバーするため、和を作って協力し、より高い成果や結果を上げようとする前向きな人達とのネットワークが広がる可能性が高まります。
 
また、あなたが意識して自分の情報を出すことで、自分の「強み」と「弱み」に関して、より自分の関心が向くようになったり、今後、自分はどの強みを活かし、弱みを軽減するために、またカバーするために、どういったことを今後行っていけばいいのかをより考え、行動していく原動力になるというメリットもあります。
 
自分の「強み」「弱み」を深く知ることで、世の中で自分の「強み」「弱み」のレベルがどの程度にあるのかが徐々に見えてきて、等身大の自分を受け入れられるようになってきます。また、色眼鏡などの曇りがなく、ほんとうの意味で他人の「強み」「弱み」を理解することができるようになってきます。もし、あなたが人の和を大事にし、組織やチームでより良い成果を上げていこうとするなら、このことはとても大事になってくるでしょう。
 
助け合いの精神を持つと言われている日本の社会において、より親密な人の輪を構築して実りある充実した人生を送るためには、まわりの人たちに対して自分の人柄や人間性を表に出すことが重要だと考えます。
 
もし、あなたが人生で自己洞察を深め、自分の座標軸が固まり、そして自分がこれからやろうとすること・やりたいと思うことが、自分にとっても、またまわりにとっても社会にとっても、本当に役に立ち、幸せと充実をもたらすと思うのなら、苦しいかもしれないけれど、目先のまわりの「嫉妬やねたみ」といった他人のマイナスの感情を理解し、受け入れた上で、思い切って自分の信じる道を前に進んでみてください。
 
あなたが不器用で、要領が悪くて、ひょっとしたら効率的でない生き方を選び、苦しいな、つらいな、いったい何をやってるんだろう、もっと楽をした人生を歩んでいたらよかったのかも、と思うことがたとえあったとしても。

また、まわりから足を引っ張られ、バカにされ、何度も潰されかけたとしても、少しでも自分のやることが、先行きに希望の光をもたらしたり、まわりが幸せになったり、次の世代が恩恵を受けたりできるのであれば、倒れても何度でも起き上がりながら、少しでも前に進んでみてください。
 
誠実に、長期的に、一歩ずつ信じる道を歩むことで、その思いを応援し、サポートしてくれるあたたかい人達はいっぱい出てきます。それを信じて一歩でも、前に踏み出せるかどうかはあなた自身の決断です。つまり、最終的に結果がどうなったとしても、誰の責任でも誰を批判するのでもなく、自分自身がどう生きるか、どう生きたいかの座標軸を持ったうえで、自分自身の人生をしっかり受け入れる覚悟ができているかどうかが大事です。