[投資全般]ファンドマネージャーが語る投資を楽しむ「ポジティブ投資学」とは?

ファンドマネージャーが語る投資を楽しむ「ポジティブ投資学」とは?

2014/02/10

1,983VIEWS

私は、今まで、証券の個人営業に携わる過程でたくさんの個人投資家の方々とお会いしてきました。

また、アナリストやファンドマネージャーという職種を経験する過程で、機関投資家に属するファンドマネージャーやディーラー、トレーダーの方々とお話する機会にも恵まれました。

そこで、「トレードうつ(※)」にかかったり、「トレードハイ(※)」をコントロールできずに金銭的、心理的に大きな損失・被害を被り、投資の継続が困難になった人たちを見る一方、「トレードうつ」や「トレードハイ」をうまく予防・回避・コントロールし、投資を短期・中長期的に前向きに楽しみながら行い、資産を増やした投資の成功者の方々にもお会いしてきました。
 
(※)「トレードうつ」とは、筆者の造語であり、株式、為替、商品先物など価格変動商品の売買を通じて、うつ症状があらわれることと定義します。
 
(※)「トレードハイ」とは、筆者の造語であり、株式、為替、商品先物など価格変動商品の売買を通じて、楽観、幸福感、気分の高揚、陶酔など、躁的でテンションの高い症状があらわれることと定義します。
 

<投資の成功者に共通する特徴とは?>

今までの記事(記事【トレードうつの要因とは?】資産を増やすメンタルマネジメント)(記事【トレードハイの要因とは?】投資に成功するメンタルマネジメント)や(記事「株式投資を楽しむ7つの基本的な分析手法」)にあるように、投資の成功者に共通する特徴として、マーケットを動かす「理論・論理的な背景」と「心理的な要因」を理解し、「トレードうつ」や「トレードハイ」を予防・回避、コントロールするすべを身につけた「メンタルマネジメントのプロ」達であったことが理解できました。

また、成功者とのインタビューや、そのインタビューの記録ノートを見直した結果、特に長期の投資の成功者には「前向きでプラスの感情を持ち、継続して自らのスキルを高め、意欲的に新しいものに挑戦し、高い成長と目標を達成しようという情熱があり、自らの人間性を磨き、まわりの人や社会に貢献したいという心を持つ」人達が多いことも分かりました。