[投資全般]トレードうつを予防し投資を楽しむメンタルマネジメントの方法

トレードうつを予防し投資を楽しむメンタルマネジメントの方法

2014/02/03

1,239VIEWS

次に、受けたストレスを軽減し、「トレードうつ」に陥ることを防止・回避するためのセルフケアを実践します。

 
セルフケアの基本的実践法としては、

①生活習慣による方法(例:運動や休養、睡眠をよくとる)
②リラクセーション法(例:腹式呼吸法などを身につける)
③考え方を変える方法(例:「ねばならない」という考え方など認知療法や認知行動療法で修正していく)
④他への相談(例:友達や投資仲間へ相談、上司、同僚、メンター、カウンセラーなどへ相談)

などが挙げられます。
 
また、楽しい映画を見たり、おいしい食事をとったり、趣味に没頭したりと自分の好きなことをすることで気分をリフレッシュし、前向きな感情を持つことや、恋人、家族のあたたかい愛に包まれたり、ボランティアなど自分を必要としてくれる場所で行動することで自己肯定感を高めることも大事だと考えます。
 
自分自身を知り、セルフケアの方法を身につけた後は、「ポジションの管理手法」を身につけることが重要となってきます。
 
ポジションの管理手法とは、自分は全体としてどれだけの資産があり、そのうち、マーケットの投資対象にどれだけ使うのかを決定し、マーケットへ投資したポジション(変動商品へ投資した額)からどのくらいのリターンを何日、何週間、何ヵ月、何年で目指すのか、また、どのくらいの損失を許容できるのかを定めることです。定めた後、実際投資を行いますが、もし当初の想定と違った場合、どのような投資行動をとるのかの基本原則を持ち、それらを実践することがポジションの適切な管理となります。