[投資全般]【トレードうつの症状とは?】資産を増やすメンタルマネジメント

【トレードうつの症状とは?】資産を増やすメンタルマネジメント

2014/02/03

1,486VIEWS

「トレードうつ」になると、なんて自分は下手なんだ、マーケットでトレードするのはむいてないのではと、自分を過度に責めたり、過去のトレード失敗例を何度も何度も思い出して悩んだりします。

「トレードうつ」では、マーケットの取引時間中のトレード時に、注意が散漫になり、集中力が低下してくることがあります。そのためにトレードが以前のように俊敏にできなくなり、トレードの成績・パフォーマンスが落ちたりするようになります。

また、決断力が低下して、買おうとしていたのに、あれこれ悪材料を想像し、何も決められなくなったりします。

「トレードうつ」がひどくなると、気分が滅入り、つらくてたまらないため、トレードで考えられないようなリスクを取り、一か八かの賭けに出たり、投資はもうこりごりだと考え、全資産すぐさま売却してしまったり、さらにひどくなると、もう死んでしまいたい、死んだ方がましだと考えるようになったりもすると言われます。
 
以上のような「トレードうつ」の症状が出ると、投資の成果・パフォーマンスが落ち込んだり、心、体への症状から投資を継続することができなくなったりします。
 
以上、「トレードうつ」がなぜ引き起こされるのか、そしてどのような症状が出るのかについて見てきました。次回は「トレードうつ」を予防・回避し、短期的、中・長期的に楽しみながら投資を行い、資産を増やすことができた投資の成功者に焦点を当てていきたいと思います。

トレードうつを予防・回避し投資を楽しみ資産を増やす成功者

トレードうつを予防し投資を楽しむメンタルマネジメントの方法
 
上記のコメントは筆者の個人的な見解であり、筆者が所属する会社または組織の見解ではございません。また個別銘柄の推奨、商品の投資勧誘を目的としたものではありませんのでご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。