[株式投資]【その1】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

【その1】MBA流、ケースメソッドから学ぶ「ポジティブ投資学」

2014/03/20

1,189VIEWS

今回のコメントから伺えたマーケットへの投資の経験・ノウハウの「概念化」、「見える化」、「共有化」に加え、「軸の構築」、「世代間の認識・コミュニケーションギャップの解消」、「多角的・客観的な見方」の獲得という発想は、MBA(経営学修士)の授業などで学ぶ“ケースメソッド”のメリットに近いものではないかと感じました。

ケースメソッドは、最近、ディベートやMBA(経営学修士)など大学・大学院の授業や、会社の研修用の講義などでよく用いられており、これは、一つの題材(特にリアルな現場の場面を題材として用いることが多い)をもとにみんなで議論し合うことで、理論・経験・意思決定の「エッセンス」や「多角的なものの見方」を吸収しながら「適切なコミュニケーション力」を身につけ、効果的に実務遂行能力を高めることを主な目的として利用されます。

そうしたケースメソッドのメリットを踏まえ、今回、「もし、MBAや会社の研修で『ポジティブ投資』に関する“ケースメソッド”を学べたら?」という視点でいくつかのケースを作成してみました。

その目的は、数々の投資の成功者へのインタビューを通じて、マーケットで仮説、検証を行い、成功や失敗を積み重ねた体験・経験から抽出された「エッセンス」をケースで学ぶこと、マーケットの投資における「論理性、一貫性、客観性、再現性」をもたらす一つの軸を獲得する一方、マーケットの逆境や変化にしなやかに対応できる「柔軟性」を同時に身につけること、そして適切なコミュニケーションを通じて組織・チームとして高い投資成果を出すことです。

続きは【その2】にて。

上記のコメントは筆者の個人的な見解であり、筆者が所属する会社または組織の見解ではございません。また個別銘柄の推奨、商品の投資勧誘を目的としたものではありませんのでご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。