[株式投資]投資を楽しむNISA、アベノミクス、法人税のパラドックスとは?

投資を楽しむNISA、アベノミクス、法人税のパラドックスとは?

2014/02/20

1,673VIEWS

レーガノミクスによる減税は、短期的には双子の赤字をもたらしてしまいました。しかしながら、長期的には、減税による民間活力の増大によりIT革命などをもたらし、経済や企業の潜在成長力を高めることで、法人税の税収を高める素地を作ることができたわけです。おまけに経済成長に伴う所得の上昇や、経済成長を背景とした株価の長期上昇による資産効果の拡大で、消費が活発化し、消費税などの間接税の税収も増やすことができたのです。

政府税制調査会を中心に法人税の実効税率引き下げに向けた議論がこれから本格化すると予想されますが、今後は「法人税のパラドックス」に関するデータと根拠を集めた上で、短期的な痛みを乗り越えた先に長期的な明るさがあることを示すことで、財務省と国民を説得し、日本の復活に向けた「アベノミクス」実現に向け、安倍政権がリーダーシップを発揮できるのか・・・・

そこが日本株の今後の動向を予想する上で、重要なポイントになりそうです。

以上、「NISA(少額投資非課税制度)」と「アベノミクス」、「法人税のパラドックス」について簡単に説明しました。

少しでも、前向きに楽しみながら株式投資を行い、成果を上げるための手だてになれば幸いです。
 
ありがとうございました。

上記のコメントは筆者の個人的な見解であり、筆者が所属する会社または組織の見解ではございません。また個別銘柄の推奨、商品の投資勧誘を目的としたものではありませんのでご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。