[株式投資]投資を楽しむNISA、アベノミクス、法人税のパラドックスとは?

投資を楽しむNISA、アベノミクス、法人税のパラドックスとは?

2014/02/20

1,700VIEWS

先日、「トレードうつ」、「トレードハイ」、「ポジティブ投資学」、「トレード・レジリエンス」の記事を読んだある若手の社会人の方から以下の感想と質問をいただきました。

『今までの記事(記事一覧はコチラ)を興味深く、読ませていただきました。私はまだ、大学を卒業したばかりの社会人1年目の新人です。毎日、わからないことばかりですが、日々、一生懸命、仕事に取り組んでいます。 

ところで、ニュースでよく聞く「アベノミクス」を背景に2013年は日本株が大きく上昇し、また、2014年からNISA(少額投資非課税制度)というものが始まり、会社の同期を含め、まわりの人達が日本株などの投資を始めたということを聞き、私も日経新聞を読みながら、これから少しずつ投資を始めようと考えています。

そこで、1つ質問をさせてください。

最近なにかとニュースで見る、2014年から始まった「NISA(少額投資非課税制度)」と日本株への期待を高めたとみられる「アベノミクス」について簡単に教えていただければと思います。また、最近、日経新聞によく出てくる「法人税のパラドックス」についても教えていただければと思います。

どうぞよろしくお願いします。
 
それに対する質問の答えは以下のとおりです。

「トレードうつ」、「トレードハイ」、「ポジティブ投資学」、「トレード・レジリエンス」の記事に興味を持っていただき、またご質問をいただき、ありがとうございます。

それでは、「NISA(少額投資非課税制度)」と「アベノミクス」、「法人税のパラドックス」についてそれぞれ簡単に説明していきたいと思います。