[死亡リスク]死亡リスクから家族を守る生命保険

死亡リスクから家族を守る生命保険

2014/08/05

915VIEWS

また公的な部分からの受け取りも考慮して試算してみましょう。

ご主人が万が一にあった際、一定の要件を満たしていれば遺族基礎年金が年度末に18歳を迎える子供を持つ親、または子供に対して支給されます。会社員で厚生年金に加入であれば遺族厚生年金も支給されます。こちらも考慮して保険金額を決めてみるのもよいでしょう。

それでは、どんな形の保険に加入を考えたらよいでしょう。

今は本当にたくさんの保険種類がありますよね。どう選んだら良いか悩んでしまいます。

まずお子さんが小さく数人いるならばやはり定期保険となるでしょう。一定期間大きな保険金を受け取ることができます。掛け捨てタイプが主流となりますので保険料は安いです。お子さんが成長したタイミングで減額などで保険金をさげることが可能です。

そこからはお葬式代やお墓代として小さな終身保険を考えてもよいでしょう。
 
次に加入会社です。

こちらも今現在たくさんの会社がありますよね。対面型、来店型、ネット型…など。

どれにも利点と不利点があります。

「死亡リスク」の関連記事