[病気・ケガのリスク]使える「がん保険」とは?上手ながん保険の選び方

使える「がん保険」とは?上手ながん保険の選び方

2014/08/05

1,327VIEWS

「使えるガン保険」とは、「実際にガンになって、経済的不安に悩むことなく治療に専念できる保険」だと思います。
 
ガン保険の場合、ガンと診断されたときに100万円、200万円といったガン診断一時金が支払われるのが一般的で、一時金は、治療費にも生活費にも充てることができるので、ガンと診断されたばかりの渦中で精神的な安定剤にもなります。ガン保険の診断一時金がいくらか?という点は、ガン保険を選ぶ際の重要なポイントです。

また、自由診療も含めた実際に治療に要した費用が保険金として支払われるタイプのものもあります。
 
ガンに限らず病気になったとき、どのような治療を受けるのかは、医療の進歩とともに、目まぐるしく変化していますから、「1年前のスタンダードな治療は、1年後にはもう古い」というのが最近の傾向です。

したがって、ガン保険の保障内容が、進歩している医療のどこまで対応しているのかがポイントになると思いますが、医療の進歩に合わせていちいち加入しなおしていたらキリがありませんから、加入するときに契約内容を見定めて加入することが不可欠です。

最初が肝心です。