[土地の法律]建ぺい率って何?

建ぺい率って何?

2014/03/20

1,337VIEWS

建築をする目的で土地を購入する際に、参考とする数字に建ぺい率というものがあります。

それらは土地の面積に対して、どの位の大きさまで家を建てられるかということを示しています。

建ぺい率というのは敷地を真上から投影して、建物が立っている部分の敷地面積に対する割合をいいます。

つまり二階建の住宅を例にすると、二階部分が一階の形状より小さいと一階の面積が建ぺい率として計算され、二階部分が一階より広がっている形状をしているとその拡がっている部分を一階の面積に加算して計算します。

その割合が都市計画で決められている上限を下回らなければいけません。

建ぺい率には面積緩和の規定もあります。庇や屋根など外壁面から突出している部分は先端から1メートルが面積緩和されます。また地盤面より1メートル以下の部分については建ぺい率に加算されません。

なので地下室を大きく作っても建ぺい率上は問題になりません。