[エコ・省エネ・室温]エコ住宅をわかりやすく理解する

エコ住宅をわかりやすく理解する

2013/10/07

1,148VIEWS

何を以てエコ住宅と呼ぶのか、人によって違うようです。
費用対効果が得られないものはエコではないという方もあるようです。徳をしないものはやらないというのも一つの考え方だとは思いますが、環境にやさしい=省エネにつながるというのが、エコ住宅だと思います。環境に配慮するという取り組みは戸建住宅でも必要なのではないでしょうか。それらの対策は、確かに初期費用はかかりますが、日々の電気代や水道代など、ランニングコストは抑えることができます。

資源を大切に使うという意味の「エコ住宅」のすすめをいくつかあげてみます。

みなさんご存知のとおり、設備機器の省エネ性能は、格段によくなっています。
エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、扇風機etc. それらは最新のものにするだけで節電効果があります。照明器具は、LED電球が大分改良され、安定したよい器具が出ています。それらの器具にするだけで同じ照度でも電気代を抑えることができます。

 エコキュートも省エネ効果の大きな設備です。
大気の熱を自然冷媒して、熱交換器の熱と少ない電力でお湯にするというしくみです。オール電化住宅にお勧めします。