[注文住宅]【家づくり】機能と同じくらい大切なのは実は感性

【家づくり】機能と同じくらい大切なのは実は感性

2014/12/02

711VIEWS

地震や台風が多い日本では、「○○工法の家」や「△△構造の家」とネーミングして住宅を売る会社が多いです。

災害に備えて、安心してくらしたいと言う欲求が高いからでしょう。
 
そうなると次に考えるのは、省エネです。太陽光発電は災害時に電気が使える事が売りの一つでもあります。(太陽が出ている時に限ります)
 
その他には、耐久性や断熱性や気密性などの機能を、それぞれの会社が売りにしていて、チラシやホームページで紹介しています。

これらの機能も大切なのですが、同じぐらい大切な事があるのをご存じですか?
 
「価格ですか?」

・・・・いや、違います。そもそも、特殊な工法を採用する事でコストアップは仕方ない事です。

実は、感性なのです。
 
もし、機能性の数値だけで住まいを決めるのであれば、カタログで判断出来ます。断熱性は良いけれど、窓が少ないから解放感が無い。耐震性は高いけれど、壁が多くて暮らしにくい。

もっと言うと、「何となく合わない・・・。」でも良いのです。
 
これらの感性は、数値や言葉では表現出来ない、実に曖昧でわがままな感覚なのです。だけど、感性を大切にしていただきたいと私は思います。
 
あなたの曖昧でわがままな感覚を丁寧に時間を掛けて、住宅会社の担当者に伝える事は、家づくりの第一歩になります。
 
さて、機能について衝撃的な事をお伝えします。