[間取り]「小さくてもよい」「大きくしたい」子供部屋の考え方の判断材料

「小さくてもよい」「大きくしたい」子供部屋の考え方の判断材料

2014/03/04

1,913VIEWS

お子さんが子供部屋で勉強や趣味に集中するのは、何年でしょう?

中学生~高校生であれば6年ですね。

その後、社会人になって巣立つ時が来ます。トータルで10年ぐらいでしょうか?
 
そして、いつかはご夫婦2人で暮らす時がくるのです。

その時に、どのように子供部屋を活用するのかを考えて、最初から将来のリフォーム計画をすると良いでしょう。
  
色々な考え方がありますので、未来について話し合ってみてください。

子供部屋が必要になる5年後

お子さんが巣立つ15~20年後

楽しい話になると思います。

家づくりは、未来の事までじっくりと話し合う良い機会でもあるのです。