[不動産のこと]円満に不動産相続を迎える方法

円満に不動産相続を迎える方法

2014/04/04

1,171VIEWS

相続時に権利者同士で財産をどのように平等に分けるかと言う問題が発生することがあります。

負債相続でなければ、一般的に相続には平等に分けやすい金銭相続以外に、家や土地などの不動産相続というものがあります。

金銭に比べて、これらの不動産はケーキを切るように分けるのも難しく、また、分けることでその不動産自体の価値が下がってしまうこともあります。

不動産を全て売却し金銭に変えてしまう方法もありますが、その行為には税金がかかってしまい、あまり賢い選択とは言えません。

そこで、いかにして分けにくい不動産を上手に活用しながら分けられるかということを考えてみようと思います。

まずはその不動産の種類別に考えてみましょう。親世代の自宅やその宅地を子世代が引き継ぐというケースがあるでしょう。

つまりは土地建物を譲り受けることになるので、その資産価値を参考に金銭かんざんし、兄弟などのその他の権利者は同額の金銭相続を受ければ良いでしょう。