[家庭のこと]【思春期の嘘】3つの叱るポイント

【思春期の嘘】3つの叱るポイント

2016/07/29

3,509VIEWS

ウソは自分を守ろうとする行為です。 「傷つきたくない」、「嫌な問題から逃げたい」というときに、よく人はウソをついてしまいます。

「子どもにはウソをついてほしくない」、「ウソをつくような人間になってほしくない」と切に願いながら、私たち大人も自分を守るためにウソをつくことがあります。だから、親が子どもにいくら「ウソをつくな」と言っても、言葉だけでは説得力に欠けるのです。

思春期の子どもがつくウソには、「許していいウソ」と「許してはいけないウソ」があると思います。「許してはいけないウソ」は、大きく3つのタイプの内容に分けられます。

1つめは「自傷行為など、自分の心や体を傷つける危険な行為につながるウソ」

2つめは「いじめの現場を見過ごすなど、他人の権利を侵す行為につながるウソ」

3つめは「3度注意しても、同じようなウソを繰り返す場合」

これは、親が子どもを叱るべき基準と少し重なる部分もあるかと思います。各家庭のルールのようなもので、これ以外の項目があってもかまいません。ただ、大人が一方的に決めたルールを急に子どもに理解させようとしても、無理が生じるだけでしょう。日頃から「わが家では、この3つのルールを破ったら、叱るからね」と、あらかじめ子どもたちに話し聞かせておくことが大事です。

何かと親に反抗したがる思春期からルールを取り入れたとしても、けっして遅くはありません。ただし、ルールは子どもだけが守るのではなく、親が一緒に守ることが大前提です。「パパは叱る係、ママはフォローする係」と夫婦で役割分担してもいいかもしれません。

また、「怒る」と「叱る」は、まったく違う行為なのだと、今一度改めて自覚しておきましょう。「怒る」とは感情的になって怒りを相手にぶつけることです。「叱る」とは、その子のためのしつけの一環として責任を持って注意を促すことです。

子どもがウソをついた、ちっともあやまろうとしないなど、出口が見えないやりとりの中でイライラしてしまい、「あやまりなさい!」と雷を落とすのは、間違いなく「怒る」行為です。

親が身につけたいのは「叱る力」です。本当に必要なときだけ、毅然とした態度で子どもの過ちを叱り、道を正してあげられる、真の優しさです。

思春期に入った子どもは、自分の世界を作り始めます。一日のなかで重要なのは、家族と過ごす時間から、友達と過ごす時間へと変化しますし、友人関係や恋愛の話、遊びの計画など、親には知られたくない話題も増えてくるでしょう。友達との秘密や約束を守るためなら親にウソをつくことも平気になるかもしれません。

そんなわが子を見ていると、自分の手元を離れていくようで寂しいという、親の気持ちもわかります。けれども、思春期の子どもの世界に土足でズカズカと入るのは、たとえ親とはいってもデリカシーに欠けるというものです。何といっても思春期は大人と子どもの狭間で揺れ動き、精神的にも不安定な時期です。

それでも荒波を乗り越えて何とか自己を確立しようと懸命なのです。何より、自分の行動を規制しようとする親に対しては、全力で反発しようとするのも仕方ありません。

親は親で、子どもの反発を恐れるあまり怒りを顕わにして威嚇し、子どもたちを制圧しようとするかもしれません。けれども、それは逆効果です。もっとも避けたいのは、ウソを暴こうとして子どもを精神的に追い詰めてしまうケースです。

逃げ場がなくなった子どもは「今さら何を話しても聞いてもらえない」と思い込み、ますます素直な言葉を発せなくなってしまいます。親が意識したいのは、ウソの背景にある子どもの心の変化です。ウソそのものを暴くことが目的ではないはずです。

誰だって叱られた瞬間は頭の中がパニックになるものです。頭の中の情報が整理できないから、つい口から出任せのウソをついてしまうことだってよくあります。ですから、ウソを察してもすぐに叱らず、子ども自身に考える時間を与えてあげてはいかがでしょう。

たとえば、おなかがすいているときには、子どもを叱らないようにするなどです。 「ハングリー=アングリー」と言われるほど、空腹時には人間は怒りっぽくなるものです。「この子、ウソをついているわね」と感じても、おなかがすいていたら話し合いは後回しにしましょう。

一度食事を摂るなどしておなかを満たして、ゆったりとした気持ちになれば、ウソをつく方もつかれた方もムキにならず、穏やかに話し合いができるというものです。

許せるウソなら大丈夫

ウソをつくことは決してほめられた行為とはいえません。けれども、ウソを許せる寛容さも時には大事です。

たとえば、自分の子どもがどうしてもウソをつかざるを得なかったような状況にあったとします。その子はもしかしたら、誰よりも罪悪感に悩まされているかもしれません。そういうときに、自分の味方だと思っていた親から追い討ちをかけられるように責められたら、どう感じるでしょう。

ウソをついたことがバレて親に叱られている時、子どもが精神的に萎縮してしまい「自分の素直な気持ちを表現できなくなっているな」と感じたら、それ以上詰問せず、そっとしておいてあげるべきです。改めてゆっくりと話しを聞く機会を設けて、許せるウソなら「大丈夫、よく話してくれたね」とほめて許してあげましょう。

親は子どもにとって「安心の港」です。親の理解と賞賛はいくつになっても子どもにとって最大の報酬なのです。親がわかってくれた、ほめてくれた、その手応えが大きな喜びとなり、不安がいっぱいで荒んでいた思春期に子の心も安定し、次第に生活態度も落ち着きを取り戻したというケースは山ほどあります。

不安が取り除かれたら子ども自身も気づかなかった「ありがとう」という親への感謝の気持ちが、「ごめんなさい」という素直な言葉につながります。 思春期は確かに親の手元から子どもが巣立つ時期です。

けれども、精神的に大人になる分だけ、ゆっくり時間をかけて話をすれば、ちゃんと大人からのメッセージを受け取ることができる年頃でもあるのです。だから、親を煙たがる時期ではあるけれど、親として「あなたのことを見守っているよ」、「困ったときは言ってきなさい」というメッセージは、どんどん発信してほしいのです。

親の教えはいつか必ず子どもたちの良心になります。「どうしてウソはいけないのか」。その答えは、子どもたちが大きく成長したころ、自分を支えていてくれる親から受け継いだ良心が示してくれるのかもしれません。

そのためにも、アクセル(ほめる)とブレーキ(叱る)の両方を使いながら、子どもを前進させてあげましょう。 ウソをつく罪悪感に子どもが悩んでいる場合は、親が味方になって許す寛大さも時には大切です。

では最後にあらためて「許してはいけないウソ」を振り返ります。

「自分の心や体を傷つける危険な行為につながるウソ」
⇒自傷行為や体調不良を隠したり、自分の本心を偽るようなウソ

他人の権利を侵す行為につながるウソ
⇒いじめやケンカに関するウソや、他人の中傷につながるようなウソ

3度注意しても、同じようなウソを繰り返す場合
⇒軽い気持ちでついたウソでも、注意を促しても3度以上続けてついた場合