[家庭のこと]毒親語録と対策

毒親語録と対策

2014/07/25

3,638VIEWS

●学歴がなくお金に苦労している。お前にだけは勉強できるようになってほしい

親自身がコンプレックスを持っていて自己肯定感が低い言葉の表れ。そんな姿を見て親を誇らしく思ったり、尊敬することなど出来ません。それどころかだんだんと馬鹿にするようになってきます。

更にそんな親を助けるため期待をかけられる、しんどい人生。
 
稼ぎの悪い夫を否定して「お父さんのようになったらダメだよ」の言葉を聞き続けて育った場合、父親を“ダメ人間”と思います。

仮にいい学校に入れても「勉強が出来ない人間は価値がない」という誤った感覚が沁み付いてしまいます。社会人となっても身内の中で恨みつらみの中で育った子ども、自身が人として尊敬されることもない寂しい人生を送ることに・・・・
 
あなたが「夫はダメオヤジ」と思っていても子どもの前では「お父さんはお前たちのために毎日、仕事を頑張って稼いで来てくれているんだよ」と言いましょう。
 
 
●あなたのためを思って

本当に子ども側の幸せを考えているのでしょうか。「あなたのためを思って」が親のプライドを満足させるだけのものに陥っていないでしょうか。子どもにしてみれば「恩着せがましい」と感じています。

もっとシンプルに「お母さんは○○してくれると嬉しい」と言った方が良いです。親子の間で変な駆け引きをしないことです。