[投資全般]Vol.2 マーケットの大暴落時におけるポジティブ投資法

Vol.2 マーケットの大暴落時におけるポジティブ投資法

2014/03/14

1,175VIEWS

「トレード・リスク・マネジメント」の具体的な方法とは?

「トレード・リスク・マネジメント」とは、マーケットの大暴落が起きる前に、それらを予知・予測し、「マーケットクラッシュのネガティブ・インパクト」を予防、軽減、回避し、そのダメージを極小化するための管理手法のことを言います。

その適切な実施のためには、まず、マーケットの大暴落を「予知・予測するための分析手法」を身につけることが不可欠です。

また、「マーケットクラッシュのネガティブ・インパクト」を予防、軽減、回避し、そのダメージを極小化するための「有事のメンタルマネジメント」や「トレード関連スキルのダイバーシティー(多様性)」など「マーケット・エンプロイアビリティ(雇用され得る能力)」を高めておくことが重要となってきます。

まず、マーケットの大暴落を「予知・予測するための分析手法」を身につけるための方法について述べます。

例えば、(「株式投資を楽しむ7つの基本的な分析手法」)株式投資の7つの分析手法を身につけることで、平時のマーケットの動きの理解とそれに対するトレードの判断力がつくと考えますが、それらの手法を踏まえた上で、「有事」であるマーケットの大暴落時など、例外的な動きを理解し、対処していくことが必要になります。

具体的に言うと、マーケットの数々の「天井の予兆サイン」を知った上で、最後の急騰である「トレード・チキンレース(後述)」を理解し、コストを極力減らし、機会損失をより抑える手立てをとることが必要です。