[投資全般]【前編】『嫉妬とねたみ』を乗り越える「ポジティブ投資学」とは?

【前編】『嫉妬とねたみ』を乗り越える「ポジティブ投資学」とは?

2014/03/03

2,105VIEWS

①外に向かう感情で、プラスの影響があるもの

「嫉妬とねたみ」の感情が自分ではなく、外の他人に向かうのですが、相手に負けないように自分も努力したり、勉強したりして結果を目指すようなポジティブな行動を伴い、プラスの影響をもたらします。ライバル心、張り合う、負けん気が強いといったところでしょうか?

 
②外に向かう感情で、マイナスの影響があるもの

「嫉妬とねたみ」の感情が自分ではなく、外の他人に向かうのですが、相手の足を引っ張ったり、蹴落としたり、だましたり、悪い噂を流したり、潰しにかかるようなネガティブな行動を伴い、まわりにマイナスの被害を与えます。現代でいうなら、いじめやパワハラなどもその一つでしょう。 

③内にとどまる感情で、プラスの影響があるもの

「嫉妬とねたみ」の感情が外の他人に向かうのではなく、自分にとどまるのですが、相手に対する尊敬・敬意の念へ転化したり、自分の実力、置かれている状態を謙虚に受け止め、そこから前向きに努力したり、勉強したりして結果を目指すようなポジティブな行動を伴い、自分にもまわりにもプラスの影響を与えます。現実を受け入れ、相手を尊重し、前に進むといったところでしょうか?
 
④内にとどまる感情で、マイナスの影響があるもの

「嫉妬とねたみ」の感情が外の他人に向かうのではなく、自分にとどまるのですが、自尊心が低下したり、劣等感を抱いたり、自信をなくしたりして、自分にマイナスの被害をもたらします。過度に「へこむ」といったところでしょうか?