[投資全般]自分らしい投資の方法を考えるヒントとしてのポジティブ投資学

自分らしい投資の方法を考えるヒントとしてのポジティブ投資学

2014/02/21

903VIEWS

<「短期・中期的な投資」の成功者と「長期的な投資」の成功者の違いとは?>

その疑問について、投資経験が40年ある「長期的な投資」の成功者にインタビューし、たいへん興味深い答えが返ってきたのでそれをここで紹介します。

 
わたしは、投資の世界に40年間関わり、運よく成果として投資資金を増やすことができました。その投資人生の40年間で、マーケットの狂喜乱舞、楽観と悲観、幸福感と絶望感など群集心理の激しい移り変わりによる数々の荒波を受け、さまざまな失敗、困難、挫折を味わってきたと思います。

わたし自身、「短期・中期的」には、たくさんの損失を出す失敗をし、必ずしも「短期・中期」では投資に成功していたとは言えません。短期・中期的にも、また長期的にも成功している投資家の方とはその点、異なり、あまり参考にはならないかもしれませんが、少しでも参考になればと思い、お話をさせていただきます。
 
いままで、数々の投資に関わる人達とつきあってきましたが、「短期・中期的」に投資に成功した人が、必ずしも「長期的」な成功に結びついていない事例をたくさん見てきました。
 
それはなぜだろうと考えた時に、あくまで私の経験から出た結論ですが、成功に結びつかなかった事例として、

「ビギナーズラック(賭け事などで、初心者が往々にして得る幸運)の成功」

「相場のある一局面での成功」

「倫理面、時には法律を無視した強引で自己中心的・拝金主義的な形で成功」
 
をした場合が多かったのではないかと思います。
 
 
次回記事「短期・中期的」に成功するも、「長期的」に成功できなかった人の特徴についてはコチラ
 
上記のコメントは筆者の個人的な見解であり、筆者が所属する会社または組織の見解ではございません。また個別銘柄の推奨、商品の投資勧誘を目的としたものではありませんのでご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。