[投資全般]強みを活かし、投資の成功をもたらすポジティブ投資学とは?

強みを活かし、投資の成功をもたらすポジティブ投資学とは?

2014/02/21

883VIEWS

 

<投資の世界で強みの活用を考える>

マーケットに関わる投資の世界でも、自分の「強み」はどこなのか?を探り、活用していくことは、とても大事です。

例えば、投資の分析手法の中でも、ファンダメンタルズ分析が「強み」なのか、それともテクニカル分析が「強み」なのか?
 
また、ファンダメンタルズ分析の中でも、特に経済などマクロ分析が得意なのか、それとも経営戦略や業績動向など企業分析が得意なのかで、まったく「強み」が変わってきます。
 
また、マーケットは心理的な要因で上下に動くことが多いので、それに対するメンタルマネジメントが得意というのも投資の世界で「強み」になると考えています。

一方、「弱み」について知ることも重要です。 

いままで述べてきたように、ポジティブ投資学の観点からは、悲観と楽観、ポジティブとネガティブ、プラスとマイナスの両面を深く知り、「現実的な楽観主義」をとっていく必要性から、「弱み」もきっちり把握しておくことが大事となってきます。
 
以上、「強み」と「弱み」を把握することの大事さを踏まえた上で、次回は、その強みを活かし、弱みをカバーし、投資を行うポジティブ投資学の実践例を、「投資物語」を通じて見ていきたいと思います。
 
上記のコメントは筆者の個人的な見解であり、筆者が所属する会社または組織の見解ではございません。また個別銘柄の推奨、商品の投資勧誘を目的としたものではありませんのでご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。