[投資全般]テクニカルアナリスト3次試験に受かるための効果的な勉強法

テクニカルアナリスト3次試験に受かるための効果的な勉強法

2014/03/06

3,199VIEWS

「データの蓄積と客観性の確保」に関しては、分析に十分なデータ量、データ期間を確保する(例えば、上昇相場、下落相場、横ばいの相場を網羅した期間で分析するなど)とともに、自分しか取得できないデータではなく、金融情報端末からのデータや、その他、出所が明確な第三者からデータを取得することで、客観性と再現性を確保することが大事です。

また、オリジナルなテクニカル分析ツールでパフォーマンスを計測した場合は、基本統計量を図るなどして、その有効性に関する客観的なデータを添付するのも合格に近づくために大事だと考えます。
 
以上、「ファンダメンタルズ分析」と並ぶ株式投資の分析手法の主流である「テクニカル分析」の理論と実践手法を学べる資格として、今回、「テクニカルアナリスト試験(1次、2次、3次)の勉強法を取り上げました。
                                                                                              
皆様が資格取得のための勉強の過程で、マーケットの分析手法の一つであるテクニカル分析についての興味と理解を深め、投資スキルを少しでもアップさせるとともに、効果的な勉強の仕方を取り入れ、テクニカルアナリスト資格を取得することで、投資の分野でのスキルアップとキャリアアップの両方を獲得し、少しでも楽しく、充実し、幸せと感じられる人生を歩めることを願っています。
 
最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
 
以上です。
 
上記のコメントは筆者の個人的な見解であり、筆者が所属する会社または組織の見解ではございません。また個別銘柄の推奨、商品の投資勧誘を目的としたものではありませんのでご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。