[投資全般]テクニカルアナリスト1次、2次試験に受かるための効果的な勉強法

テクニカルアナリスト1次、2次試験に受かるための効果的な勉強法

2014/03/06

6,462VIEWS

今回は、テクニカルアナリスト1次、2次試験を受かるための効果的な勉強法について見ていきます。

<テクニカルアナリスト1次試験に向けた勉強法>

1次試験は○×選択式のみで、記述はないため、比較的試験勉強面でのハードルは低いと考えます。

日本テクニカルアナリスト協会の1次試験用通信講座を申込むと、テキスト2冊とサブテキスト1冊が配布されます。

受講期間は5ヵ月で、添削問題が毎月初に送付され、月末提出〆切となっていますので、2冊のテキスト、サブテキストをしっかり読み、インプット力を高めた上で、添削問題をコンスタントにやり、アウトプット力を鍛えれば、短期間での合格はそれほど難しくはありません。 

<テクニカルアナリスト2次試験に向けた勉強法>

2次試験は小論文形式の記述であるため、テクニカル分析の内容の正確な理解と文章展開力が必要とされ、ハードルが上がります。

1次試験用通信講座と同様、日本テクニカルアナリスト協会の2次試験用通信講座を申込むと、テキスト2冊とサブテキスト1冊が配布されます。

受講期間は5ヵ月で、添削問題が毎月初に送付され、月末提出〆切となっていますので、こちらも2冊のテキストとサブテキストをしっかり読み、インプット力を高めた上で、添削問題をコンスタントにやり、アウトプット力を鍛えます。

ただ、1次試験と違って、論述問題なので、テキストや添削問題から重要と思われる論点をルーズリーフやノート等にまとめ、論述対策をとることが大事となってきます。
 
次ページに論点のまとめ方の例を示します。