[投資全般]投資の成功に近づくテクニカルアナリスト試験について

投資の成功に近づくテクニカルアナリスト試験について

2014/02/27

1,382VIEWS

<テクニカルアナリスト試験とは?>

テクニカルアナリスト試験は、日本テクニカルアナリスト協会によると、国際テクニカルアナリスト連盟(IFTA)により創設され、1次レベルから3次レベルまで3段階あるとしています。

1次レベルの資格は、「日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA®)」であり、2次レベルの資格は、「国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe®)」となっています。
 
1次レベルと2次レベルの資格試験は日本語で行われますが、3次レベルの資格試験は英語で行われ、合格者には「国際テクニカルアナリスト連盟検定テクニカルアナリスト(MFTA®)」の資格が与えられます。テクニカル分析の知識体系に独自の新しい知見を加えた功績に対して授与されるもので、Master=大学院の修士=に相応しいレベルの資格と言えると記載されています。
 
1次から3次試験の概要は以下のとおりです。

(以下、 NPO法人 日本テクニカルアナリスト協会®ホームページより抜粋)

<1次試験の概要>

試験日毎年1月・7月 年2回実施

試験形式○×式および選択式の問題

試験時間120分
 
※次回試験日は2014年7月13日(日)
 

<2次試験の概要>

試験日概ね10月下旬

試験形式記述式(小論文形式)

試験時間180分
 
※2014年は10月26日(日)実施予定