[投資全般]投資の成功に近づくテクニカルアナリスト試験について

投資の成功に近づくテクニカルアナリスト試験について

2014/02/27

1,303VIEWS

私は、今まで、証券の個人営業に携わる過程でたくさんの個人投資家の方々とお会いし、また、アナリストやファンドマネージャーという職種を経験する過程で、機関投資家に属するファンドマネージャーやディーラー、トレーダーの方々と関わることができました。

そこでお会いした投資の分野で長期的に成功を収めた人達は、マーケットを動かす「理論・論理的な背景」と「心理的な要因」を理解し、「トレードうつ(※1)」や「トレードハイ(※2)」を予防・回避、コントロールするすべを身につけた「メンタルマネジメントのプロ」になり、「さまざまなマーケットの変化やマーケットに伴う困難、逆境に対し、しなやかに対応できる柔軟な思考力と行動力を持つことで、前向きに楽しみながら投資を行う」、「トレード・レジリエンス(※3)」を高めている人達であったことが分かりました。

(※1)「トレードうつ」とは、筆者の造語であり、株式、為替、商品先物など価格変動商品の売買を通じて、うつ症状があらわれることと定義しています。
 
(※2)「トレードハイ」とは、筆者の造語であり、株式、為替、商品先物など価格変動商品の売買を通じて、楽観、幸福感、気分の高揚、陶酔など、躁的でテンションの高い症状があらわれることと定義しています。
 
(※3)「トレード・レジリエンス」とは、筆者の造語であり、さまざまなマーケットの変化やマーケットに伴う困難、逆境に対し、しなやかに対応できる柔軟な思考力と行動力を持つことで、前向きに楽しみながら株式、為替、商品先物など価格変動商品の売買を行うことのできる力と定義します。
 
そうした中、前回は、自分が実際の試験勉強を通じて得た知識・理論が、「トレードうつ」や「トレードハイ」を予防・回避、コントロールするためのメンタルマネジメントに役立つ可能性があると思われた「メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種マスターコース」の資格を取り上げ、資格取得のための勉強法を簡単に解説しました。
(記事トレードうつを防ぐメンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種勉強法)(記事【トレードうつの要因とは?】資産を増やすメンタルマネジメント)(記事【トレードハイの要因とは?】投資に成功するメンタルマネジメント
 
今回は、「理論・論理的な背景」と「心理的な要因」を理解するために役に立つ、テクニカル分析が学べる「テクニカルアナリスト」の資格の勉強法を紹介します。
 
「理論・論理的な背景」と「心理的な要因」を理解するために役に立つ、ファンダメンタルズ分析が学べる「証券アナリスト」の資格取得のための勉強法の記事はたくさん見かけますが、日本の受験者に向け、テクニカル分析が学べる「テクニカルアナリストの1次、2次、3次試験」をすべて網羅した勉強法に関する記事は今まで見たことがなく、皆様にとっては非常に有用な情報だと考えています。